生え際の後退対策

30代で生え際の後退が気になったら取り組みたい効果的な改善法まとめ

更新日:

30代は生え際の後退や薄さが気になり始めやすい年代です。

テストステロン分泌量が低下したり、仕事でストレスが増えるなど、薄毛を助長する環境がそろっているので、生え際の後退が進行しやすいと考えられています。

生え際の後退は放置していれば酷くなる一方なので、効果的な対策を1日でも早く取り組むことが重要。

今回は、30代に効果的な生え際の後退方法をまとめました。20代とも40代とも違う頭皮環境なので30代に適した対策法に取り組みましょう。

30代は生え際の後退を自覚しやすい

30代になると男性ホルモンであるテストステロンの分泌量がどんどん減少し始めてきます。

そのため、減少したテストステロンを補うために強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が作られてしまう場合があります。

生え際の後退はDHTの影響で起こってしまうため、30代を迎えて生え際の後退や薄毛を気にし始める人が多いのです。

テストステロン値の年齢別分布図

(pg/mL)

20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代
n 294 287 235 19 120 38
Xbar+2SD 27.9 23.1 21.6 18.4 16.7 13.8
Xbar 16.8 14.3 13.7 12.0 10.3 8.5
Xbar-2SD 8.5 7.6 7.7 6.9 5.4 4.5

引用元:加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群)診療の手引き

生え際の薄さを対策するためにしておくべきこと

30代で薄毛が酷くなると老けて見られるのはもちろん、同僚からの陰口や、女性社員からの指摘など、余計なストレスが増えてしまうのが事実です。日本は薄毛の人が少ないですし、お笑い芸人の影響もあり、どうしても嘲笑の対象にされやすいのです…。

そのため、生え際の後退が気になり始めたら早めに対策に取り組むことが必要不可欠。放置しておいて自然治癒することはないですからね。

とはいえ、30代の若い年齢で副作用のリスクのある薬を使うことに抵抗がある方も多いです。特にハゲ薬は、勃起不全や精力減退などの副作用のリスクがあるので避ける人も少なくありません。

そんな人から支持されているのが育毛剤です。

育毛剤というと「効果がないのでは?」という声もありますが、最近の育毛剤は各社臨床実験を行うなど、客観的なデータも提示するようになってきており、一昔前の怪しい育毛剤とは成分も変わってきています。

実際、私も育毛剤を使うことで生え際が復活できましたし、生え際対策として育毛剤を使って実感している人は多いのが現状です。

具体的に、育毛剤を使うメリットについていくつか紹介しておきます。

育毛剤を使うメリット

自宅で手軽に取り組める

育毛剤は自宅で今すぐにでも使うことができます。忙しい中、時間を作って病院に足を運ぶ必要がありません。

1本8,000円程度で買えるため、コストパフォーマンスも良いです。病院で治療するとなると、年間30万円~50万円程度は必要になりますからね。

「ハゲを何とかしたいけど、できるだけ出費は抑えたい」と考えているなら育毛剤を検討してみると良いでしょう。

副作用のリスクがない

育毛剤は薬ではないので副作用の心配はほとんどありません。
最近では、アレルギーテストを実施している育毛剤もあるので、そういった低刺激なモノを選べば心配せずに毎日快適に使うことができます。

効果を実感できる

育毛剤には、厚生労働省が効果を認めている有効成分が含まれています。怪しいものではなく、発毛促進・抜け毛の予防・薄毛に効くことを厚生労働省が承認しているのです。

特に30代のハゲ初期に使い始めて復活した人は少なくありません。ハゲが酷くなる前にこそ使っておきたい商品ですよ。

薄毛初期なら自宅で育毛剤から始めるのがベター

薄毛の初期段階であれば育毛剤を使うことをおすすめします。自宅で気軽に薄毛ケアを始めることができますし、値段も比較的買い続けやすい金額なので誰でも始めやすいです。副作用の心配もないので安心して使うことができるのも育毛剤のメリットです。

生え際に効く育毛剤3選!実際に使ってよかったのだけを厳選

育毛剤はいろいろ販売されていますが、生え際に実感できるのは極わずか。 安物買いの銭失いにならないためにも、しっかりと成分を確認してから使うことが必要不可欠(経験済み…)。 実際に使って良かったもの、他 ...

徹底抗戦!30代で生え際が後退から復活する方法

生え際の後退が気になり始めた初期なら育毛剤を使うのがお勧めですが、既に薄毛がかなり進行していたり、禿げ始めてから数年経過している場合は、病院で治療を受けた方が良いです。

具体的に病院で治療を受けるメリットには次のようなものがあります。

強い効果が期待できる

自分の症状に合わせた薬を処方してもらうことができるので、大きな効果を期待することができます。効果がなければいつでも医師に相談することが出来るのも心強いですね。

副作用のリスクもあるけど

治療で使用するのは薬なので副作用を発症してしまう可能性があります。副作用はかゆみやかぶれなどの皮膚疾患から内臓機能に影響を与えてしまう重い症状のものまで幅広くあります。しかし、実際に発症してしまう確率は4%程度なのでそこまで心配に思う必要もないでしょう。もし、副作用が出た場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

発毛させる唯一の方法

保険の効かない治療になるので費用はそれなりに必要になってしまいます。しかし、髪の毛の量を新たに増やすことができる唯一の方法です。

ココがポイント

病院では自分の症状をしっかり見て診断してもらえるので、それに合わせた治療薬が処方されます。発毛効果のある薬を服用することで新たに髪の毛を増やすことができますし、薄毛の悩みを改善することができます。副作用の危険性はありますが発症する確率はとても低いですし、薄毛を本気で改善したいのであれば病院での治療がベストでしょう。

生え際の後退を治す方法!AGAクリニックでの薄毛治療とは

今回は生え際の後退を治すのに効果的なAGAクリニックでの薄毛治療についてご紹介していきます。治療の際に副作用はあるのか、どのように治療していくのかなどを詳しくまとめています。 生え際の後退を薬で治すに ...

30代で生え際の後退対策をしておいた方が良い理由

女性の好感度が違う

薄毛の男性とふさふさの男性を見比べるとやはり清潔感の差を感じてしまいます。地肌が見えているとそこに光が当たることでテカテカしたように見え、油ギッシュなのかなと女性は思ってしまいます。ふさふさの男性でも髪の毛のお手入れをしていなかったりしたら清潔感がないように感じるのですが、一般的に見比べてみるとふさふさの男性の方が清潔感があるように見えてしまうのです。

仕事の成果に反映される場合も

営業職などの場合は、仕事の成果に影響が出てくることもあります。悲しいことですが見た目で成績が変わる事は珍しくありません。

ココがポイント

育毛剤を使うにしろ、病院で治療を受けるにしろ、早めに行動した方が良いです。薄毛をそのままに放っておくとどんどん症状は悪化し、最終的にはすべての毛が抜け落ちてしまう危険性があります。薄毛が気になり始めたらすぐに何かしらのケアを始めるようにしましょう。

まとめ

薄毛が気になり始めたらそのまま放置しておくのではなく、育毛剤で様子を見てみたり、病院で診断してもらうことをおすすめします。

男の場合は進行していくと生え際がどんどん後退していき、つるつるになってしまうことも珍しくないのです。気になり始めた段階でケアをして、薄毛の症状が進行しないように抑えましょう。

次の記事も一緒に読まれています

私が生え際対策に使ったのはコレ

1

イクオスを使い始めて1年が経過したので、これまで使って感じたメリットやデメリットをまとめました。 はじめに書いておきたいこととして、 イクオスを使って復活できる人はいるけど、効果なしの人もいる!という ...

-生え際の後退対策

Copyright© 育毛クリップ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.