生え際の後退対策

生え際に短い毛や産毛が増える原因はAGA!?今すぐ始めたい対策方法

投稿日:

今回はなぜ生え際に短い毛や産毛が増えてきているのか、その理由について詳しくまとめました。私も生え際に短い毛が増えたことをきっかけに対策に取り組んで復活できたので、参考にしてみてください。

生え際に短い毛や産毛が増えるのはヘアサイクルが乱れているから

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる生え代わりの周期があります。

髪の毛が太く長く成長する時期を「成長期」と呼びますが、生え際に短い毛が増えているということは、ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなっている証拠。

本来なら6年ほどかけて毛が伸びていくはずが、ヘアサイクルが乱れていることによって、短い状態で抜けて生えてを繰り返しているというわけです。

つまり、生え際に短い毛や産毛が多いということは、ヘアサイクルが乱れているということ。そのまま放置していると、短い毛や産毛が増えるばかりか、薄毛が酷くなってしまう恐れもあります。

ヘアサイクルが乱れる理由は強力な男性ホルモンDHT

生え際に短い毛が増えてしまう一番の原因は、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響です。

悪玉男性ホルモンDHTとは、別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれており、生え際の後退を促進させる厄介なホルモン。
DHTが体内で生成されてしまうと、脱毛シグナルが発信されることにより、ヘアサイクルが乱れてしまい、どんどん薄毛になっていく特徴があります。

「生え際に短い毛や産毛が増えるとハゲる」といわれる理由には、脱毛ホルモンDHTの存在があるからなのです。

実際、生え際がM字ハゲに後退する前には、生え際の剃り込み部分が短く産毛のようになってしまいます。
それを放置し続けると、毛が生えてこなくなり、生え際の剃り込みがどんどん深くなっていってしまうのです。

生え際の短い毛を放置すると後退し始める

生え際の短い毛をそのまま放置してしまうとM字ハゲになってしまったり、おでこが広くなってしまったりします。

AGAは進行型ですので放っておくとどんどん髪の毛が抜け落ちてしまいます。何もケアをしなければ、髪の毛がどんどん抜け落ちて最終的にはツルツルになってしまいます。

生え際の短い毛を見つけたら始めたいこと

生え際に短い毛や産毛を見つけたら、1日でも早く対策に取り組むことが重要です。放置酷くなる一方ですし、酷くなってからでは病院での治療や自主植毛といった手術をしないと復活できなくなります。

生え際に短い毛や産毛を見つけたら始めたい対策方法をまとめました。

育毛剤を使う

まず初めに取り組んでおきたいのが、育毛剤を使った対策です。
「育毛剤はおじさんっぽい」「効果がないって聞いたけど?」などネガティブな意見もありますが、まだ禿げていない初期の状態なら十分効果は期待できます。

実際、育毛剤には抜け毛の予防や薄毛に効くと厚生労働省が効果を認めている有効成分が含有されています。何もせずに放置して禿げる前に、まずは育毛剤を使って頭皮環境を整えるようにしましょう。

とはいえ、育毛剤なら何を選んでも良いわけではありません。当然、効果が期待できるものとそうでないものがあります。
特に生え際部分は、他の部位に比べて復活が難しいといわれているので、生え際に効きやすい成分を配合した育毛剤を使うことが必要不可欠です。

「生え際に効く育毛剤3選」の記事では、私が実際に使って生え際を復活できた育毛剤を紹介しています。
これから育毛剤を使って生え際の短い毛や産毛を育毛するための参考にしてみてください。

生え際に効く育毛剤3選!実際に使ってよかったのだけを厳選

生え際の薄さで悩んでいる人って多いです。私も育毛剤で復活するまではめちゃくちゃ悩んでいました。 生え際のM字が目立たないような髪型を調べたり、いろいろと誤魔化していましたよ(汗) そんな私も、今では生 ...

生活習慣を見直す

劇的な効果をもたらす事はできませんが、健康的な髪の毛を作るためにも少しでもやっておいた方が良いです。

特に栄養バランスの整った食事をとることと質の良い睡眠をとることが最も重要なポイントです。

髪の毛にはタンパク質、アミノ酸、亜鉛が必要なので、日々の食生活でこれらの栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。どれか1つだけの栄養素を集中して摂取するのではなく、バランスよく摂取することを意識してください。

また、睡眠時間をしっかり確保することでストレス緩和につながります。ストレスが溜まることでホルモンバランスの乱れにつながり、薄毛を引き起こしてしまうので生活習慣を整えることを意識しましょう。

3か月から6か月は継続する

育毛剤を使用し続けても、生活習慣の見直しをしても短期間では効果を実感することができません。最低でも3ヶ月から6ヶ月は継続して様子を見るようにしましょう。

育毛剤を使って効果を実感できない理由の一つは、1か月や2か月で辞めてしまうから。髪の毛は急に伸びないですし、ヘアサイクルの関係上、目に見えた変化を実感するためには6か月程度は使っておいた方が良いです。

改善しない場合は病院での治療

育毛剤を使用しても効果を実感できなかった場合は、専門の病院で治療した方が良いでしょう。

ただし、病院では薬を用いて治療をしていくのため副作用のリスクはあります。個人差はありますがかゆみやかぶれなどの皮膚疾患から、内臓機能に影響を及ぼすような重い症状のものまであります。

また、1回1回の治療費が高いので治療を継続するとなると負担がかかってしまいます。

しかし、育毛剤はもともとある髪の毛に対して効果を発揮してくれるものなので、薄毛の症状が進行して髪の毛がない状態ですと育毛剤を使用しても意味がありません。

症状がひどく進行してしまった場合は病院でしか改善を見込むことができないので、自分の症状に合わせて育毛剤を使用するか病院で治療をするかを決めましょう。

まとめ

生え際に短い毛や産毛が増えているということはヘアサイクルが乱れている証拠なので、そのまま放置すると薄毛のリスクが高まります。

特に男のハゲの場合、ゆっくりと進行していくのが特徴なので、放置してしまうと数か月後、1年後には明らかに生え際が後退している恐れもあります。

生え際の後退が酷くなる前に、まずは育毛剤を使った対策に取り組むようにしましょう。

早く対策に取り組むことで、まだ薄毛が酷くない状態で抜け毛の予防効果が期待できますし、病院での治療をしないで効果を実感できる場合もありますよ。

生え際に効く育毛剤3選!実際に使ってよかったのだけを厳選

生え際の薄さで悩んでいる人って多いです。私も育毛剤で復活するまではめちゃくちゃ悩んでいました。 生え際のM字が目立たないような髪型を調べたり、いろいろと誤魔化していましたよ(汗) そんな私も、今では生 ...

私が生え際対策に使ったのはコレ

1

イクオスを使い始めて1年が経過したので、これまで使って感じたメリットやデメリットをまとめました。 はじめに書いておきたいこととして、 イクオスを使って復活できる人はいるけど、効果なしの人もいる!という ...

-生え際の後退対策

Copyright© 育毛クリップ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.